昨日は、ノムさん(野村克也氏)の突然の訃報に驚きました。昨日ボクの別ブログ「モヤモヤまり~んず」にも書きましたが野村克也と言えばパリーグ一筋47年のボクにとっては王・長嶋以上の選手です。

【訃報】ノムさん逝く。

戦後初の三冠王を取ったのがノムさんです。パリーグには三冠王はノムさんを含め落合(3回)ブーマー・松中と4人しかいません。因みにセリーグでは戦前の中島と王さんとバース(2回)です。キャッチャーで3冠王ってハンパなく凄い選手なんですけど映像とか残っているのが少ないですよね。昔はセリーグしかも巨人中心でしたからね。いかにパリーグが蔑ろにされていたのかよく分かります。パリーグでノムさんのいた南海とボクの贔屓のロッテとの試合「ロッテ・南海戦」といえばパリーグの黄金カードと呼ばれた時もあったんですがまぁ多分ほとんどの人か知りませんよね(笑)
そんなノムさんですが数々の語録も残しています。弱小チームを優勝に導く名監督として「弱者の勝ち方」的な語録はボクのような零細企業の社長やっている人間には参考になる部分もあるんですけど、逆に参考程度にしかならないんですよね。なぜなら野村監督が教えていたのは弱小だろうと何だろうと全員「プロ」の選手なんですよね。対して零細企業のスタッフは「プロ」じゃない。知識とかスキルとかキャリアでなくてそこまで「プロ意識」を持って働いている人って少ないと思うんですよね。そもそも「プロ」と名のつく職業は少ない。いくらボクが「不動産のプロ」を自称してもその「プロ」の中身って何なのかといえばアヤフヤです。例えば「将棋のプロ」というとなりたくてもなれないですが、「麻雀プロ」や「パチプロ」なんて自称でいいし要は「ソレで食っているかどうか」だけですから「プロ感」はありません。ボクがこの業界に入った時にはお金も大切ですが「不動産のプロ」を目指したものですが今は「働き方改革」とかなんとかで「仕事はお金を稼ぐための手段」という感覚の人も多く何かのプロを目指している人は少ないと思います。そんな人たちに向かって語録を語ったところで刺さらないですよね。とはいえ弱小チームを率いて巨大戦力のジャイアンツを圧倒したヤクルト監督時代のノムさんが本当に好きでしたね。パリーグ出身の野村監督がセリーグを倒すといった構図にパリーグファンのボクとしては胸がすく想いでした。ともあれ、カネやんに続きノムさんとボクの少年時代にみたていた選手が次々に亡くなってしまい淋しいです。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

愛和住販コーポレートサイト