8月31日は当社の決算日です。とっても不動産屋ですから倉庫や店内の商品の数をみんなで数えるような「棚卸」作業があるわけでもなくいつもと変わりません。当事者の社長であるボクですらさっき今日は決算日だったと思い出した次第です。これで13期が終わり明日から14期になります。もう会社を興してから13年なんですね~。ちょっと感慨深いです。本ブログのタイトルにも書いてある通り自己評価だとボクは社長タイプではありません。ですから何が何でも起業して社長になるぞー!という感じで社長になったわけでもありません。そもそもボクが不動産業の好きな理由の一つは「一人仕事である」という事です。不動産営業マンっていうのは基本的に一人の仕事なんです。だからあまり社内の他の人や部署と絡むことがありません。それがボクには向いていた部分があります。というのもボクは「人から命令される」ことも「人に命令する」こともあまり好きではなく得意ではありません。ですから社員に命令したり指示をだしたりする社長業にはあまり向ていません。そんなボクが社長ですから当社のスタッフは割と自由です。まぁ自由にしててもいいのですがそれは売上をあげるのが大前提なんですけどね。まぁ何はともあれお客様は取引先関係各位の皆様のおかげで13期を終えることができた事には感謝です。しかし前途は多難です。また13年たっても一向に楽にもならず相変わらずの零細企業っぷりです。来期にはせめて小企業くらいにはなりたいものです。夢は大きく持った方がいいとは思いますが夢より現実を見てしまうんですよね。こういうタイプですから社長には不向きですが、ロッテ球団のファンと資質は高いと思っています。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト