不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

愛和住販っていう不動産会社の社長の日記です。 多分、自分は社長タイプじゃありません(白目)

不動産の買い取り・売買・賃貸を坂戸・川越を中心に埼玉県をメインに営業している不動産会社です。新築戸建て・中古戸建てやマンション・売地など取り扱っています。賃貸の仲介もやってます。

タグ:韓国

年始から日韓関係に波紋!?文大統領が“日本批判”

昨年来から、慰安婦・徴用工・旭日旗・レーザー照射と続けざまにトラブル続きの日韓関係。
昨日の文大統領の遂にのっぴきならないところまで来た感じがしますね。
大統領から多少でも日韓関係を改善する方向への発言があるかと思っていたけど結果は逆。
日本の政治家は謙虚になれ。と言われちゃいましたね。
いやいや日本の政治家も随分と舐められたものですが、そうも言っていられません。
舐められては困るのです。
安倍総理を始めとする日本の政治家が個人的に舐められる分には構いませんけど、
我々の税金を使って韓国に様々な援助をしているわけだから舐められておしまいでは困るわけです。
それにさすがに大統領にこんな風に言われれば、政治家だけなく多くの日本国民も腹を立てていると思いますよ。ボクは何度も書きますが別に韓国については何の感情もありませんけど、ここまでされてここまで言われると正直「ふざけんな」って思います。

嘘ついたり、デマを流したり、過去の約束を守らなかったり
剰え既に支払い済の金員を再び請求してくる。
こんな会社があったら取り引きしますか?私なら取引停止します。
たとえその会社との取引で多少の利益があったとしても
長い目で見れば必ず有形無形の形で損失が出るからです。
いくらその会社の社員がいい人で個人的なつきあいをしていても取引はできません。
まさしく現在の日韓関係は官房長官が言うようにかなり厳しい状況でしょうし、
ここで変に妥協をするべきではありません。
もちろん韓国側も妥協するつもりもないでしょう。
日本にここまで強く出ているのは、韓国にとって日本は今やさほど重要な国ではないということです。
南北朝鮮が統一すれば韓国は恐らく中国・ロシア寄りの国家になるでしょう。
そうならようにアメリカは韓国と同盟を結んでいるわけですが
ここにきて米韓関係も思わしくないのはアメリカがいよいよ韓国を切り捨てる算段に入っているのではないかと思われます。そもそも日本がここまで韓国の言い分を聞いてきたのはアメリカの意向を忖度してたわけですから、そのアメリカが韓国との同盟を破棄すれば韓国といままでみたいな付き合いをする必要もなくなるわけです。隣国とは平和裏にお付き合いするのが両国にとって一番望ましいのですが、どうしても無理という場合は下手に上辺だけで付き合っていがみ合うより、付き合いをやめた方が平和な場合の方が多いのではないかと思います。敵対するのでなくお互い干渉しない・気にしない。その方が平和だったりします。
「未来志向」と日韓の政府はこの言葉をよく口にしますが、
国交を断絶するのが両国にとってベターな未来なのかもしれません。
もちろんベストなのは両国が仲良く交流することですが、
現在の日韓両国の関係は、ミサイルや戦闘機こそ飛び交っていませんが
絶え間ない紛争状態は戦争状態と変わらないでわけで、
昨日の文大統領のコメントは、ボクには韓国からの宣戦布告に聞こえました。
これではベストな選択はできないわけですから、
よりベターな選択をする以外に道はなくとなると断交はともかく
「なるべく関わらない」という道以外にないきがします。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

川越・鶴ヶ島・坂戸・東松山の不動産の事なら愛和住販にお任せください


徴用工やらBTSやら何かと悪化している日韓関係。
BTS問題は、ボクはK-POPどころかJ-POPにも興味のない
昭和歌謡曲大好きオジサンなのであまり関心もないですが
今度は、2015年末に設立された慰安婦財団「和解・癒し財団」を韓国政府が解散するようです。

慰安婦財団の解散、日本に伝達

財団ですからその役割を終えれば解散するのは当たり前なのですが、
そういう意味での解散ではなく、日韓合意破棄という意味合いでの解散のようです。
まぁまた慰安婦問題が始まるということですね。
日本から拠出した10億円を返還するという話なんでしょうけど
日本政府とはしては受け取らないでしょうね。
慰安婦問題に関しては2015年の日韓合意で解決というのが日本の立場ですから。

それにしても、国際条約・国際合意がことごとく反故にされては日本人としてはたまりませんね。
これでは将来にわたって信頼関係を結ぶのは難しい。
ボクもそうですが、今まで嫌韓でなかった日本人も韓国に対して不信感を抱く人が増える一方です。
かといっていままでのように「なぁなぁ」にしたらずっとこんな関係を続けることになります。
今回はとにかく一度思い切りケンカをした方がお互いのためだと思います。
ケンカをして仲直りできることもあるじゃないですか。
まぁ、ほぼ仲直りできることはありませんけどやってみる価値はあるかな。
韓国の大使も召還し、ビザなし入国も停止し、もちろん通貨スワップ交渉なんてもってのほかです。
報復とまではいわないですけど、韓国には協力しない。
というくらいの強い姿勢で臨む以外にないかと思ってます。
いろいろとやってきたけど結局上手くいかなかったのだから
これからは「なんにもしてあげない」という方向でいくのがいいかなと思います。
先日もブログに書きましたがお隣さんですから仲良くしたいんですけど、
いくらお隣さんとはいえ「嫌な思いを我慢」してまで無理に付き合う必要はないかなって思います。
さすがに「国交断絶」はないでしょうから、
積極的にお付き合いをするのを止める。離韓ですかね。
そっちの方がお互いにいいのではないかと思ったりします。
それでも個人レベルでは韓国好きな人はいなくなりませんから民間交流はなくならないと思います。
私の知人の不動産屋の社長も韓国大好きですから(笑)

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

不動産の買い取りなら愛和住販にお任せください!

韓国国内での徴用工の判決が出ました。
大方の様相通り、日本企業への賠償支払い命令が出ました。

元徴用工訴訟、日本企業に賠償命じる初判断 韓国最高裁

ご存知の通り、「日韓請求権協定」を反故にする判決です。
慰安婦合意の不履行・旭日旗問題などなど日韓関係はこれで一段と冷え込むこと間違いなしです。
私の知人の不動産屋の社長は韓国大好きで度々韓国に行っていますが
私は特別韓国の人をどうこう思っていません。
台湾だろうとフィリピンだろうと同じ人間ですからね。
本当は、隣同士の国なのだからもっと仲良くできるのが一番ですけど
隣同士というのは揉めだすと収集つかないくらい揉めます。
不動産トラブルならばどちらかが引っ越せば済む話ですけど
さすがに「国」となると引っ越すわけにはいかないので難儀ですね。
先ほど、韓国人に対しては何とも思っていない。と書きましたが
韓国と言う国に対しては正直うんざりしています。
韓国人の人を「うそつき」とは言わないけど
韓国と言う国は「うそつき」だと言わざるを得ないですね。
韓国が嫌いなわけじゃありませんが、私は日本人として日本が好きですから。
自分が好きなモノを嫌い、攻撃してくるモノを好きになれといわれても
私はイエス・キリストのような聖者じゃありませんので無理です。
普通の人は約束を平気で破るような人とは付き合いません。
何かメリットがあればそれでも我慢して付き合うでしょうけど
現状では韓国と付き合うメリットよりデメリット・リスクの方が大きいかと思います。
日本企業は韓国から撤退するとともに、韓国人の雇用を見直すべきでしょう。
私が経営者だったら怖くて早々に韓国から撤退しますね。
アジアには親日で安全な国が他にたくさんあります。
韓国に留まる大きなメリットも見当たりません。早々と資本を引き揚げないと痛い目に合いそうです。

もっとも、韓国とこのような関係になったのは日本政府の過去の対処も一因でしょう。
「遺憾」「抗議」と口でいうだけで、実際の何の対処もしてこなかった。
いわゆる「ごね得」を許してきたわけです。
ただ、今回の徴用工問題は「慰安婦」「旭日旗」問題とは少し
違います。
いままでは、韓国政府と日本政府の問題でしたが
今回、標的にされたのは「民間企業」です。
国は国民の財産等の権利を守る義務があります。
「国際司法裁判所」に提訴などという実効性のないような対応ではダメです。
韓国側の出方を見る。なんて悠長なことを言ってる場合じゃないと思います。
口先だけの対応はもう結構。
実効性がありすぐにでもできる対抗策を発表してもらいたいと思います。
報復と言われてようとなんと言われようと今回の徴用工問題に関しては徹底的に戦って欲しい。
国民は、じっと見てますよ。国会議員のセンセ達の事を。
トランプ大統領見習ってください。
私はトランプファンじゃないけどトランプの対中政策はアメリカ人なら胸すくだろうと思います。
もう韓国とは過去の決着をつける時だと思います。
日本がいつまでも曖昧にしていたら二国間の間柄は、近くて遠い国のままです。
韓国と本当のパートナーシップを構築する気持ちがあるなら
一度は本気でやりあわなければいけないと思います。
表面上だけ取り繕ってその場限り友好なんて偽物です。
徹底的にやりあってそれでもお互いが必要だと感じた時に
真の友情が芽生えるのではないでしょうか。
喧嘩別れするならそれまでお互いに必要な相手じゃなかった。ということでしょう。

にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
にほんブログ村

毛呂山・越生・鳩山の物件買い取りは愛和住販で。





↑このページのトップヘ