ロッテ、歴史的6連勝!レアードV弾 

プロ野球が開幕してボクの日常もかなり充実したものになっています。野球があれば言われなくても外出はしませんので自動的に自粛生活となりコロナ対策にもなります。一石二鳥とはこのことでプロ野球の力恐るべしです。さてプロ野球の対戦相手は通常ですと3試合ごとに変わります。同じチームと3連戦したところで対戦相手が変わるのですが今年は移動リスクを軽減するために同じチームと6連戦という変則的な日程になっています。先週の火曜日から我がマリーンズはオリックスバファローズと6連戦だったのですのが、なんと6戦全てに勝利してしまいました。この同一カード(同じ対戦相手)6連戦で6連勝というのはプロ野球史上初の快挙です。8月までこのような日程ですから他チームもいずれ6連戦6連勝をなし得るかもしれませんが、「史上初」ということでマリーンズはまたひとつ「記録」を歴史に刻みました。千葉ロッテマリーンズというプロ野球ファンの中でも地味なこの球団ですが実は数々の記録を持っています。新規参入した楽天の初年度には26-0という大勝し、2005年の日本シリーズの阪神戦では4試合合計で33-4で圧勝、2009年の広島戦では1イニング15得点という記録持っています。また2005年の日本一はアメリカ人監督が日本一になるという史上初の快挙。2010年にはリーグ戦3位から日本一になるといういまでも他11球団がなし得ていない記録もあります。さらには交流戦の初代の優勝チームで、その「畜生ぶり」は他球団の追従を許しません。そしてマリーンズの不朽の大記録と言えばなんといっても「18連敗」です。昨年ヤクルトが16連敗したときには少しドキドキしましたが、さすがに18連敗に届きませんでした。それほど偉大な記録が「18連敗」です。同じプロ同士が試合して18試合も連続で負けるなんてことは奇跡以外の何物でもなくそれを見事にやってみせたのが我がマリーンズなのです。(`・∀・´)エッヘン!!
そして今回、史上初の同一カード6連戦6連勝という、新たなる「畜生伝説」を生み出したのです。さすがボクが半世紀に亘り応援し続けたチームです。というわけで現在8連勝中で単独首位の我がマリーンズ。終わってみれば順位は定位置に収束するとは思いますがもうしばらくいい夢を見せて欲しいと願っています。バファローズファンの皆さんはあまり落ち込まないでください。18連敗はしないと思いますから。
preview
記念に今朝の順位表を貼り付けてみますた。

▼「ポチ」っとクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ 
にほんブログ村 

愛和住販コーポレートサイト